−Going to the Despair−
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

東京うろうろ

瞬く間に9月が終わった。シルバーウィークはほとんど家にいた。最後の一日にバーベキューなるものを実施した。焼き芋を作ってもらった。

 

それ以外は、特筆すべきことがない。

相変わらず論文が進まないこと、昼間は常に眠気と戦っていることなど、いつもと変わらない日常だ。これはこれで幸せなのかもしれない。

 

そういえば、とある事情で東京に行った。

新宿、中目黒、高円寺、吉祥寺、神保町、中野あたりをうろうろ。

やっぱり好きになれなかったけれど、高円寺や吉祥寺の雰囲気は嫌いではない。

中野ブロードウェイにも初めて訪問。外人さんがたくさんいた。

 



フィギュアを真剣に見つめるおじさん。ぶろーどうぇいにて。

 



1Q84にも登場した?高円寺公園。

このあたりには喫茶店がたくさんあった。

 

 

最後に、線路の脇を歩く猫。東京の猫は度胸があるみたいだ。


それから、最近こんなものを見つけた。CDも買った。

ピアノだと馬鹿にしていた自分が恥ずかしい。

坂井さんの声が今にも聴こえてきそうだ。

幻想を抱きしめて

いつもは金曜日にバイトに入っているのだが、今日は他の人の代わりに木曜日に入ってみた。相変わらずPCルームは閑散としており、ほとんど相談もない。あったとしてもごく簡単な内容で、MACでの無線LANの繋ぎ方などのように、無理難題を押し付けられることもない。

そこで暇な時間を利用して、一緒に入っている女性の院生の人とお喋りをするのだが、いざ喋り始めると電話やら相談がすぐに舞い込んでくる。どうもタイミングがおかしく、誰か僕に嫌がらせをしているのではないか、得体の知れない巨大な力が動いているのではないかと、被害妄想を繰り広げてしまう。

とはいえ、それでも嫌な顔一つせず対応していると、不思議なことになぜか自分がすごく偉い人間のように思えてくる。自分は楽しみを抑圧して業務に徹する素晴らしい人間だ、鋼鉄の意志を持つ仕事人間だ、と。

こうやって、自分を騙しながらどこまで生きられるのだろうか。行けるところまで行ってみよう。

評価:
ほし よりこ
マガジンハウス
¥ 1,200
(2006-05-31)

続きを読む >>
毒薬
大学院の先輩に「毒」を見せてもらった。

なんの薬なのかよくわからないが、とにかく毒薬らしい。

中には白い錠剤が入っている。


ただし、賞味期限切れ。賞味期限の切れた毒は、毒でなくなるのか、それとも毒の効果は持続しているのか。

興味深いが、さすがに試してみる勇気もない。
だけど、死にたいときはいつでも死ねる気がしてきた。

評価:
ほし よりこ
マガジンハウス
¥ 1,200
(2005-07-14)

続きを読む >>
曲がった指先

今日も学校のPCルームで働く。いつも同じ時間帯に来るアフガン人がMacを持ちこんで無理難題を言ってこないか心配だったが、今日は来なかった。毎回質問の難易度が上がっていて、さすがに次はもうダメだと思っていただけに本当に助かった。言語的な問題(NECをネックと呼ぶなど)もあるが、とりあいずマッキントッシュ、憎むべし。他には生協のシステムが使えないといった質問もあったが、生協のことは生協で聞いてくれと断った。担当が違うからといってたらい回しにする行政の気持ちが良くわかる。

ただし、女性からの質問には懇切丁寧に対応します。

 

明日はどこぞやの教育研究所の模擬授業に参加してくる予定。サクラとはいえ、体育の授業に参加するする予定なのだが、果たして無事に乗り越えられるのだろうか。その後は野球の練習をすることになっている。先週突き指した薬指が依然として満足に動かない。

評価:
猪木 武徳
中央公論新社
¥ 987
(2009-05)
Amazonおすすめ度:

続きを読む >>
素直に言えなくて

とりあいず生きています。

ここ何週間か新型インフルエンザの報道の過熱振りが凄かったが、ようやく収まりを見せつつある。将軍様が核実験を強行したせいもあるだろうか。僕は感染多発地帯に住んでいるので、先週あたりまで電車の中はマスクの人だらけ。でも今日はそういう人はほとんどいなかった。さすが将軍様。

 

さて、今年もこの日がやってきた。坂井さんの命日には一昨年、去年と献花をしに行っているので、今年も行こうと思っていた。少なくとも今日の昼前までは。

でも結局面倒になってやめちゃった。どうでもよくなったわけではなくて、代わりに勉強しようかなと思ったからだけど。その分、勉強はそれなりに捗ったので良しとしよう。最近、少し研究生活に復帰しつつある。久しぶりに研究書を読んでいると、やっぱり自分はそっちが好きなんだなぁとしみじみ。

 

評価:
ZARD,倉木麻衣,坂井泉水,岡本仁志
ビーグラムレコーズ
¥ 1,080
(2009-05-27)

続きを読む >>
幽霊と蜜蜂

色々あって寝れない。全然忙しいわけではない。ただ、不眠症に被害妄想が加わるようになってきたかもしれない。

 

月曜日の夜、ぼんやりとTVを見ていたら、急にDVDの取り出し口が開く。リモコンは一切触っていないが、機械の誤作動だろうか。もしかすると幽霊の仕業なのではないかと不安になる。風が強い日だったので、窓が揺れるのも幽霊のせいかもしれないと不安になる。寝ようとしても、TVから幽霊が出てくるんじゃないかと不安になる。不安になりすぎて不安になる。

というか被害妄想なのだろうが、とにかく寝れない。恐ろしい。幽霊は何をしにやってきたのかとか、どういう幽霊なのかとか、色々考えたものの答えは出ない。

 

朝がやってきた。おやすみなさい。

 

火曜日の夜もぼんやりTVを見ていた。すると、「ぶーん、ぶーん」という音が。幽霊かと思ったが虫だった。正確には蜂だった。しかも蜜蜂は移動速度が速いので、捕まえられないし、下手に攻撃をすれば反撃を受けるかもしれない。かといって放置したままでは寝れない。こういうときに幽霊が蜂を退治してくれると助かるのだが、そう都合良いことは起こらず。

 

朝がやってきた。窓を開けると、蜂は勢いよく飛び出して行った。さようなら、蜂さん。こんにちは、お日様。

 

水曜日はたくさん昼寝をしたので夢を見た。でも全部忘れてしまった。悲しい。



評価:
梨木 香歩
新潮社
¥ 380
(2006-09)

続きを読む >>
卍(まんじ)

先日、わらしべ長者になるべくipodとの交換の募集をしたところ、奇跡的にも応募があった。そのリストを挙げてみよう。

 

  • イギリス滞在中の観光案内と無料宿泊
  • 14型のブラウン管テレビ
  • 庭道具一式
  • 顕微鏡(未開封)
  • グローブとバット
  • 高校でパクった巨大世界地図
  • 手作り木刀
  • ラジカセ

 

たぶん最初のオファーが一番価値の高いものなのだが、今後も交換していくことを考えれば、交換性が低いことが難点。かといってブラウン管のテレビとか庭具とかもあまり価値はないだろうし、木刀に至っては価値も需要も見込めない代物。だとすれば、残るはグローブか顕微鏡か世界地図あたりだろうか。現物を見てみないとわからないかもしれない。

評価:
谷崎 潤一郎
新潮社
¥ 420
(1951-12)
Amazonおすすめ度:

続きを読む >>
わらしべ長者計画

今日は祖母がちらし寿しを作ったというので、取りに行ってきた。何かめでたいことがあったわけではなく、たぶん筍を貰ったからであろう。祖母の家に行くと、町内会の景品でipodを貰ったが使い方がわからないので、どうしたらよいか聞かれた。迷わず、僕が貰っておいた。

 

そもそも80を過ぎた老人にipodをあげたところで、使い道はないだろうから、これはこれで良いだろう。ただ、問題は僕自身、ソニンの携帯音楽プレイヤーを持っているので、これは必要ないということ。ipod shuffleの1GBタイプなので、スペックとしてもそれほど優れているわけではなく、どうしたものか。

 

散々考えた挙句、わらしべ長者になるために使ってみようと思う。つまり、これをどんどん交換していって、最後には車だとか家を手に入れるという寸法だ。ということで、何かと交換したいという方は是非僕まで連絡下さい。連絡先は、「u_koutaあっとほっとめーるどっとこむ」です。



春琴抄

ふと気付くと、随分とブログを書いていないことに気付いた。

ここ最近の出来事と言えば、


〜衒僂錣蕕此⊃臾寡埖に悩まされている。夜はだいたい4時間、昼寝で2時間といったところだ。普段なら合計で9時間は寝ているので、常時集中力に欠ける。


▲Ε靴舛磴鵑斑臘召蠅靴拭というか、彼はたぶん僕に噛み付いたことすら覚えていないんじゃないだろうか。毛の生え変わりの時期のせいか、物凄い量の毛が抜ける。もちろん僕の頭ではなくて、ウシちゃんの。






この後間もなく、ウシちゃんが落下した。

評価:
谷崎 潤一郎
新潮社
¥ 300
(1951-01)
Amazonおすすめ度:

続きを読む >>
予想された展開
 

今日も昼から学校のPC室でバイト。新入生が多いのでそれに対応に追われる。たぶん、今までで一番忙しかったんじゃないだろうか。とはいえ、それでも4時間で5件くらいしか相談はなかったが。このバイトをやっていると、もう普通の仕事は出来ないんじゃないかと思う。しかも案の定、ソニンからメールがきた。

 

ソニン株式会社新卒採用募集にご応募いただきありがとうございました。
エントリーシートの内容、面接内容をもとに慎重に検討いたしましたが、
残念ながら次のステップへ進んでいただくことが出来ないという結果となりました。
貴意に沿えず誠に申し訳ございません。

 

とのこと。まぁ完全に予想されていた展開なので、不思議なくらいショックを受けない。次の会社の面接は来週の土曜日だ。今度は反省点をどれだけ生かせるだろうか。

 

さて、公務員試験の勉強に関して言えば、バイトをしているときが一番捗る。他のときは、だいたい10分に一度くらい携帯から棒巨大掲示板を除いてしまう。もはや中毒だ。したがって、バイト中以外は勉強が全然進まない。もう今年はだめだろう。完全に終戦=ニート・モードだ。こんなことを書いていても、最近はそれがかなり現実味を帯びてきたから恐ろしい。

続きを読む >>